ストレスは目にも精神的にもよくない。気持ちを楽にして、眼圧の上昇を防ぐ

水晶体や網膜などが傷つき、発症を促す原因になる

 紫外線が肌のしみやしわの原因になることは知られていますが、目にも大敵です。紫外線を大量に、長期期間にわたり浴びることで、加齢黄斑変性症や白内障の原因になることがわかつています。その理由は、紫外線が目の細胞の老化を促すからです。

 目の奥にある網膜は、物をみるとき画像を映し出すフィルムにあたる部分ですが、ここが紫外線に含まれる青色光を浴びると網膜色素上皮細胞が酸化します。すると、黄斑という、物をみるうえでもっとも重要な部位に活性酸素が発生し、変性が促されるのです。 また、レンズの役割をする水晶体も、紫外線を浴びることで線維が破壊されると、濁りの原因となって白内障の発症につながります。

日光を浴びる部分に異常が起こりやすい

日光が直接当たる角膜や、日の表面に近い水晶体、水晶体から通った光を受ける網膜などは、紫外線の影響を受けやすい。

  • 角膜  翼状片や瞼烈斑の原因となる。
  • 水晶体 白内障の原因となる。
  • 網膜  加齢黄斑変性症の原因となる

翼状片

結膜から角膜(黒目の部分)まで、結膜組織が増殖し、侵入してくる。異物感があったり、充血したりする。

瞼烈斑

白目の結膜の部分が黄色く濁って、分厚く盛り上がる。ごろごろしたり、充血が起こりやすい。

紫外線を上手にカットしよう

紫外線は一年を通して放出されている。春から夏にかけては特に紫外線量が多いため、しっかりと紫外線をカットする。

  • つばさの広い帽子
    目の部分が陰になるくらいのつばの広い帽子を選ぶ。UVカット機能のついた生地の帽子もある。
  • UVカットつきサングラス
    サングラスはUVカットつきのものを選ぶ。UVカット機能のないサングラスだと、暗いことで瞳孔が開き、余計に紫外線を目に取りこんでしまう。
  • UVカットのコンタクトレンズ
    UVカット機能のついたコンタクトレンズは、紫外線をあまり通さないので、白内障などの予防に効果的。
  • 日傘
    UVカット機能のついた日傘を。色は、明るめよりも、黒や紺など、暗めの色のもののほうが、より紫外線をカットしてくれる。

参考資料「目の病気」