視力・屈折検査は、眼科で大切な検査。視力低下は目に何か問題があると考えよう

視力低下は目の以上サイン

 視力検査は、眼科の最もポピュラーな検査のひとつで、検査結果は診察を行ううえでの窓口になります。視力検査には遠くがどれくらい見えるかを調べる「遠見視力検査」と、近くがどれくらいみえるかを調べる「近見視力検査」があり、通常は遠見視力検査を行います。

 検査では、左右それぞれの目の裸眼視力とレンズで矯正した矯正視力を測定します。

 大切なのは矯正視力の数値であり、レンズで矯正しても視力が1.0以下の場合には、他に詳しい検査が必要になります。視力の低下がみられるときには、何らかの異常が目に起こっているサインといえます。特に急激に視力低下が起きた場合には要注意です。

視力と遠視や近視、乱視などがないか調べる

  • 遠見視力検査
    眼科でもっともよく行われる検査。約5m離れたところから、ひらがなや、⊂の字(ランドルト環)のあいている方向を答える。
  • 近見視力検査
    ランドルト環の書かれた紙を、目から約30cm離し、あいている方向を答える。
  • 簡易測定器によるもの
    健康診断などのスクリーニング検査では、機器をのぞきこむ形で視力を測る。

屈折検査で近視や乱視の程度を調べる

 人の目は物をみるとき、目から入った光が角膜と水晶体でそれぞれ屈折することで網膜上に像を結ぶ仕組みになっています。この機能がうまくいかない状態を「屈折異常」といいます。

 近視や遠視、乱視などの屈折異常があると、網膜にきちんと像を結ぶことができず、ピントがあわないぼやけた像になってしまいます。

 オートレフラクトメーターという装置を使えば、目の屈折度(近視・遠視・乱視)を短時間で自動的に測定することができます。

 この検査結果をもとに、患者さんにひらがなやランドルト環の向きを答えてもらう視力検査や眼鏡やコンタクトレンズ検査を行います。

屈折異常の検査

目に入った光の変化から屈折をみて、近視や遠視、乱視などを調べることができる。眼鏡を作る際に必要な乱視角度も測定できる。

参考資料「目の病気」